個別相談デー開催報告

下北沢のみの開催になって初の1日の枠全部が予約で埋まりキャンセル待ちの方には申し訳無かった昨日ですが、当然参加された方はそれぞれ違った形での相談でした。

Jimdoカフェ下北沢個別相談の様子
Jimdoカフェ下北沢個別相談の様子
Jimdoカフェ下北沢個別相談の様子

Jimdoカフェに予約を入れることで自分を鼓舞する

先週のオープンカフェ(意見交換会)に参加した方で今週は個別相談に来てくれた方は意見交換でもらった意見をホームページに反映させてさらにブラッシュアップしたいと考えてのご参加。毎回感じるのですが、Jimdoカフェに予約を入れることでホームページを本気で触ってくるという方が多いです。特にまだご自身の中で完成に至っていない人ほどJimdoカフェを予約することでご自身の背中を押している(お尻を叩いている)のかもしれません。これはJimdoカフェの活用方法のひとつですね。

「ある程度いじってみたけどここの使い方がわからなかった」

「ここまで仕上げてみたけどこの部分はどうやったら良い見せ方になるのか」

「ホームページを作ってく上で事業として目指して行ける方向が定まってきた」

ターゲットと事業の方向性が明確でないケースも

ホームページの見た目も悪くない、むしろキレイなホームページになっている。けれどもホームページを見に来た人からの反応が薄いホームページもあります。その場合はほとんどがターゲットが定まっていない、事業の方向性が明確でないという場合が多いです。体裁は良いんですが全てが「紹介」に見えてしまって、私たちはホームページでこんな方の欲求を満たしてあげるんですという部分が全く見えないホームページになってしまっていることが原因になっています。そういった参加者との個別相談は操作の話はせずに一緒にどうしたらもっとホームページを見に来てくれた人がこちらが求めている行動を起こしてくれるのかを考えて行きます。

キャンセル待ちがいる状態での当日の連絡無しキャンセル

今日はひとつの枠で残念ながら連絡をいただけない状態でキャンセルが発生しました。もちろんキャンセルしなければならないその方なりの事情もあったのだとは思いますが、予約可能枠が全て埋まってしまっていて尚且つキャンセル待ちの方が居る状態での当日連絡無しキャンセルは非常に切ないです。Jimdoカフェ下北沢では円滑な運営のために開催2日前まで予約可能にしていますが、前日にどうしてもキャンセルせざるを得ない状況になった方は是非メールにてご連絡をいただきたいと思います。

みなさんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

趣味の域を超えて事業に

前回のオープンカフェ(意見交換会)にご参加いただいた方の中に「突き詰めるということはこういうことなんだ」と感心させられる参加者が居ました。多い時に1日5食も蕎麦を食べて来てご自身で関東を中心に全国の蕎麦屋のデータベースができてきたのでJimdoを使って公開したいというソバリエの前島さん。今回の個別相談でホームページを超えた新たな事業の展開が見えてきました。最初は好きで食べ始めた蕎麦がきっと大きなムーブメントに繋がることでしょう。


蕎麦のポータルサイト

http://www.sobalier.com/